みどりの町からのお知らせ

  • ブログ
  • 2018/04/12

注文をまちがえる料理店 ~認知症の理解~

認知症の人たちがホールスタッフとして働く「注文をまちがえる料理店」というレストランがあるらしい。

ハンバーグを頼んだのにギョーザが出てくる。お客は「ま、いいか」と頼んでもない料理を食べることとなり認知症の人たちの状態を目の当たりにする。

こんな場面に遭遇することで病気についての理解が深まり、寛容さも生まれる。

障害者理解にも繋がるかもわかりませんね。

 

新着情報一覧に戻る

ページの先頭へ