みどりの町の沿革

1978年7月 社会福祉法人「みどりの町」設立認可(厚生大臣)
1979年4月 知的障害者入所授産施設「大和農園」認可(定員50名)
1982年4月 家庭科実習舎竣工
1983年4月 知的障害者通勤寮「みどり寮」認可(定員20名)
1988年4月 知的障害者入所更生施設「大和学園」認可(定員30名)
1991年10月 広島県障害者就業・生活支援センター事業(生活支援等事業)認可
1993年4月 グループホーム「みどりの町第1ホーム」「みどりの町第2ホーム」認可
1994年10月 グループホーム「みどりの町第3ホーム」認可
1995年4月 グループホーム「みどりの町第4ホーム」認可
1997年10月 グループホーム「みどりの町第5ホーム」認可
1998年10月 グループホーム「みどりの町第6ホーム」「みどりの町第7ホーム」認可
2000年4月 厚生労働省「あっせん型障害者雇用支援センター」認可(モデル事業)
2002年4月 知的障害者通所授産施設「もりの輝舎」認可(定員25名)
2002年5月 「障害者就業・生活支援センター」認可
2005年10月 グループホーム「みどりの町第8ホーム」「みどりの町第9ホーム」認可
2006年5月 「みどりの町ケアセンター」事業所認可
2006年6月 グループホーム「みどりの町第10ホーム」認可
2006年10月 新制度(障害者自立支援法の施行)によりグループホームを「みどりの町共同生活みはらホーム(第1〜4ホーム)」「みどりの町共同生活ひがしひろしまホーム(第5〜10ホーム)」に再編
2007年2月 障害者福祉サービス事業所「ともがき」(就労継続支援A型事業:定員20名)認可
2008年10月 みどりの町共同生活みはらホーム「第11ホーム」認可指定
2009年4月 障害者自立支援法の施行に伴う新体系への移行
指定障害者支援施設「大和学園」(生活介護事業:定員50名・施設入所支援:定員40名)
障害福祉サービス事業所「もりの輝舎」(就労継続支援B型事業:定員28名・就労移行支援事業:定員12名)
2009年6月 みどりの町共同生活みはらホーム「みどりの町第12ホーム」「みどりの町第13ホーム」認可指定
2009年6月 みどりの町相談支援事業所 認可指定
2010年4月 新制度(障害者自立支援法の施行)移行
障害者自立支援法の施行に伴い、知的障害者通勤寮「みどり寮」は事業廃止し、指定障害者支援施設「大和学園」に統合
2011年4月 障害者自立支援法施行に伴う新体系への移行
・指定障害者支援施設「大和農園」(生活介護事業・施設入所支援:定員40名)
・みどりの町共同生活 ひがしひろしまホーム「みどりの町第14ホーム」認可
2012年4月 障害者相談支援センター「タクト」に改称
特定相談支援事業 特定障害児相談支援事業 認可指定
地域移行・地域定着支援事業 認可指定
2012年6月 障害福祉サービス事業所「とよの郷」(就労継続支援B型事業:定員20名)認可
2013年4月 障害福祉サービス事業所「もりの輝舎」(就労継続支援B型事業:定員34名・就労移行支援事業:定員6名)に変更認可
障害福祉サービス事業所「とよの郷」(就労移行支援事業:定員6名)認可
2014年4月 NPO法人「あゆみ作業所」と合併
障害福祉サービス事業所「あゆみ作業所」(就労継続支援B型事業:定員20名)認可
2014年7月 みどりの町共同生活ひがしひろしまホーム「高屋ホーム」認可
2014年7月 みどりの町共同生活ひがしひろしまホーム「第6・7ホーム」休止
2016年6月 みどりの町共同生活みはらホーム「第4ホーム」サテライト型住居認可
2016年11月 みどりの町グループホーム拠点事務所および、みどりの町障害者就業・生活支援センター拠点事務所を三原市大和町箱川1503に移転
2016年12月 みどりの町共同生活みはらホーム「あかしあホーム」認可
2017年12月 みどりの町共同生活ひがしひろしまホーム「第14ホーム」を廃止し、「高屋堀ホーム」を認可
2018年4月 障害福祉サービス事業所「もりの輝舎」(就労継続支援B型事業:定員30名・生活介護事業:定員10名)に変更認可
障害福祉サービス事業所「あゆみ作業所」(就労継続支援B型事業所:定員10名・生活介護事業:定員10名)
ページの先頭へ