三原市大和町箱川1470-2

TEL :(0847)34-1010
FAX :(0847)34-0976

 

大和農園・施設建物の写真  

 知的障害がある人で、就労することが困難な人たちが入所し、働きながら生活指導や生産活動を通じて自立・社会復帰を図るための施設です。

 

 
 
【 利用定員 40名(15歳以上)】



≪特色≫

 豊かな自然のなかでの農業を中心とした活動を行う事により、優しさ・思いやり等の人間性を養います。生産活動に必要な根気・体力等の基礎的な能力を養い、就労につながるよう持続力・応用性などの向上を図ります。

 



 ≪指導・活動について≫

 利用者が、自立した日常生活又は社会生活が出来るよう就労の機会を提供するとともに、生産活動を通じて知識能力の向上のために必要な支援を行います。


【日中活動】

果樹(ぶどう)、野菜の栽培など、農業を中心とした生産活動を行っています。併せて園外実習などにより、勤労意欲・持続力など生産社会人として必要な基礎能力の体得・向上を図ります。

【生活支援】

個別支援計画に基づき、基本的な生活習慣の確立とともに社会性を養うなど、働く社会人、地域生活への移行を目指します。自立訓練棟やグループホームなどの体験利用も行っています。

【その他】

自治会活動 〜 月々の生活目標や行事などの役割を決定したり、奉仕活動として地域の清掃などを行っています。
余暇支援 〜 買い物や趣味などに関する情報を提供し、主体的な活動が出来るよう支援を行います。
夏季、年末年始及び週末の帰省などでは、必要に応じて支援を行います。





≪活動科目≫

「良い物を、一生懸命に!」をモットーに、生産活動に励んでいます。


【果樹】
  • ぶどう栽培 植栽面積約1ヘクタール 1400本(藤稔、ピオーネなど)
  • マンズレインカット方式による栽培で、地上から5〜60センチの低い位置に結実するのが特徴です。
  • 9月上旬には摘み取り方式の観光ぶどう園として開園し、多くの来園者で賑わいます。
大和農園の写真1 大和農園の写真2
【畜産】
  • 和牛の飼育・管理(親牛・子牛約20頭)
  • 飼育で使用した稲わら・大鋸屑は一定期間寝かせ、堆肥として再利用します。
大和農園の写真1 大和農園の写真2
【野菜】
  • 約7アールの園場で、有機質肥料を用い、アスパラ・パセリ・キャベツなどの野菜を栽培しています。
  • 生産した野菜は、市場出荷や給食センターへ直販しています。
大和農園の写真1 大和農園の写真2
【 造賀 】
  • ぶどう栽培 植栽面積約5アール 400本(藤稔・ゴルビーなど) マンズレインカット方式による栽培で、地上から5〜60センチの低い位置に結実するのが特徴です。
  • 9月上旬には観光ぶどう園として開園します(平成21年度より開始)
  • ワインのチラシを掲載しました。 ワインチラシPDF
大和農園の写真1 大和農園の写真2
【園内活動】
  • 施設内の環境美化や被服の洗濯等を行います。
  • 施設内に設置してある自動販売機の管理
  大和農園の写真2
【園外活動】
  • 企業での実習・職場体験
   
  • 地域からの要請による請負作業(ゴルフ場作業、草刈り)など
大和農園の写真1 大和農園の写真2
 

 

 ≪ご利用案内≫

【入所】

 利用(入所)を希望する方は、居住地の市町窓口(または当法人)にご相談下さい。またいつでも施設見学に来て頂いて結構です。

【短期入所】
(ショートステイ)

 家族の方が、事故や病気、休養などの理由で家庭での生活が一時的に困難となった場合等、宿泊も含め短期間の利用をして頂くことが出来ます。

ご利用にあたっては、療育手帳などの所持、福祉サービスの受給者証が必要となります。