このたび、広島空港ロータリークラブ様よりテントと発電機のご寄贈が「とよの郷」へあり、平成28年8月24日(水)広島エアポートホテルにおいて、多くの会員の皆様がお集まりいただき、盛大な贈呈式を挙行していただきました。


このテントと発電機は「とよの郷」で活用する予定としており、地域でのイベントや法人行事、作業活動などで大いに活用できるものと思っています。ロータリークラブの皆様には、会員皆様からの浄財をもとにしてこのような高額の物品をご寄贈いただき心から感謝申し上げます。


広島空港ロータリークラブ会長 松本邦雄様をはじめ会員の皆様方の今後ますますのご活躍とご健勝をお祈りいたしております。誠にありがとうございました。


8月12日、夏季帰省のない方を対象にオプション外出に行ってきました。3名がボウリングを希望されたので、「賀茂ボウル」へ行き、4ゲームのプレイを楽しみました。スペアやストライクが出た時のガッツポーズや表情はなんとも嬉しそうでした。プレイが終わると「ホットカモ」で食事と入浴のセット券を利用しました。食事は刺身、てんぷら、陶板焼き(肉、野菜)茶わん蒸しと普段食べられない御馳走で皆さん満足そうに食べられました。そして温泉入浴をしました。農園の風呂より広いし大きいと大変満足された様子でした。



7月8日に木下サーカスを観に行きました。5年ぶりの広島公演で、西広島飛行場跡地まで行きました。農園出発時はあいにくの雨でしたが、目的地に着くころには雨足が弱まりました。13時開演なので、先に昼食を食べました。近くのマリーナホップ内のレストランに行きました。各々好きな物を食べる事が出来、とても満足そうでした。サーカス観覧では、利用者さんが動物や手品などのショーの一つ一つに歓声を上げたりするなど、十分に楽しめた様子でした。利用者さんの中には、サーカス観覧よりも、食事を楽しみにされていた人もいたのではないか?と思いました。



 


 7月9日(土) エディオンスタジアムにサンフレッチェVS鹿島アントラーズを利用者さん8名が観戦に行きました。この日は天候に恵まれ、スタジアムは大勢のサポーターの熱気に包まれてました。利用者さん一人一人が自分の好きな飲食品・グッズ等を購入され、試合観戦中はサンフレッチェのチャンスに声援を送るなどして楽しまれました。後半の試合途中でしたが、帰園をしました。帰りの車中では、「楽しかった、また来たい」と利用者さんの声があり、来年も是非参加したいと思います。


 


平成28年7月6日午前10時頃、保育士3名の引率で園児17名が造賀ぶどう園に来園されました。プレハブ横の広場にて「でんでんむし」を踊り付きで合唱され、利用者も一緒にしました。袋かけに使う袋は事前に渡しており園児さん各自で絵を描いてもらったものを、圃場にて藤稔の袋がけを利用者と園児さんで行いました。袋かけの際には、利用者も積極的に手ほどきや助言をし、交流を深めることができました。その後、圃場にて園児さんからのお礼として、手づくりメダルを利用者7名と職員3名にかけてもらいました。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 22 »

[ Login ]